Sakanaya_Taroh’s diary

ITテクノロジーから食べ物等のを日々綴ったブログ

アメリカのサプリメントが日本製よりも大きい理由

こんにちは

久しぶりのブログ更新です。本日は株価や投資とは全く別の件について話をしたいと思います。

私はよく健康器にしてアメリカ産のサプリを飲むんですが、いつも海外製のサプリが大きくて飲むときに喉に詰まります。

そこで今日はなぜアメリカ産のサプリメントが日本産のサプリメントよりも大きいのかを自分なりに考えてみました。

 

1、アメリカ人の喉は日本人の喉よりも太いのでサプリメントが大きくても飲むのに苦にならないのではないか? 

確かに日本人よりも体の大きいアメリカ人の方が喉が大きく思われます。またこれは関係あるかどうかわかりませんが彼らは概して声が低いので喉が広いのではないかと思いました直真偽のほどは調査する必要があります。

2、サプリメントを作る装置の性能が日本よりもアメリカの方が低いのではないか?

実際サプリメントはもともとアメリカから渡ってきたものが大半です。またいろいろなブログ記事やネットの調査をすると日本の装置よりも海外の装置の方が優れているかまたはそれと同等であると言うふうに記載されているものが多いです。

ある記事ではサプリメントの濃度について記載がありました。サプリメントは1日食事から摂取する量よりも必要な栄養素をより効率的に(1粒で摂取することができる) ものが多いです。「これが体に対して負担をかけるため粒を大きくしてあり吸収の効率を高めている」と書かれている記事も見受けられましたが真偽のほどはわかりません。

実際のところまだ調査を進めていく必要がありますが現場のところ私が感覚的に思うところは板の通りです。

 1粒あたりの単価が日本よりも安いサプリメントを提供しているアメリカはコストを下げために設備投資を随時行っているようではないのではないかと思います。あと錠剤に関しては一般的に1部が小さければ小さいほど飲みやすいと言うのは自然な考え方なので1に挙げた問題はこの考え方に発展できるのではないかと思います。

2に挙げた課題については十分な調査を行う必要がありまた今後も調査を続けていきたいと思います。

 

XRPからビットコインやZcashへ

こんにちは。

XRPの価格は35円前後で推移しています。先月は1時80円をつけておりましたが現在はその半分程度となっておりその資金は他の仮想通貨へ流れているようです。

ビットコインやZcashは上昇を続けております。この半年前まではビットコインの値段は16,000円程度でした。しかし、現在は300,000円程度で上昇して推移しています。またZcashに関しても同様で35000円程度で推移しているので3倍程度の値上がり率となっています。

 

今後のXRPについて、6月にはインドで取引が開始され上昇することが想定されます。インドでは今年に入ってから高額紙幣の廃止が行われたこともこの背景にあります。

ただし、インドでは仮想通貨を現実世界で使うインフラがまだ整備されていないので、初動があまりないことも考えられます。

XRPの送金利用については、1年程度かかりそうだと感じています。

 

coincheck のシステム障害とXRPも今後について

XRPが下落する最中コインチェックのシステムが障害を起こし長時間取引ができないと言う状況が起こりました。

これによって非常に多くの日本の方が損切りができなくなりました。また昨今、コインチェックは仮想通貨を利用した定期預金を扱い始めました。しかし、このような預金の業務を扱う業者(仮想通貨銀行) がこのようなトラブルを起こすと言う事は非常に重大な問題だと思います。

なぜならば既存の銀行においては仮想通貨のような早い値動きをしない融資を扱っていますが、 1時間程度のシステム障害は銀行の信用を著しく落とし場合によってはそのまま経営が悪化するということが考えられます。それよりも早い値動きの仮想通貨のサービスでこのようなことが起こり、多くの人は今チェックに対する心を失ったと思います。

また、gatehub利用している方々も同様の被害にあわれていると思います。

こういった問題を本来金融庁が業務改善命令を出したり業務停止命令を出したりするレベルです。

しかし現状大きな問題になっていないのはこの仮想通貨に対して金融庁が十分な認識を持っていないためだと思われます。

大手万の人々ができる事は2つ あると思います。1つ目は金融庁に対して適切な行動を起こすと言うこと。2つ目は持っている仮想通貨を長期に保有し実際に市場で利用されるまで保持し続けると言うことがあります。

いずれにしてもこの仮想通貨は現実社会で利用される可能性が現状では最も高いので、損切りや慌てて売り払うと言うことをしてしまうと大きく損失をうむと思われます。

今回のこの一見で私が思った事は、日本のお金が海外に多額に流出したということです。つまり日本の方にとってはある程度の定期預金等々のお金であっても海外の人にとっては巨額の金額であると言うことです。これは言い換えればこの仮想通貨と言う市場は株式市場等に比べて一般投資家の参入障壁が低いので適当なことができてしまうということです。このようないろいろな資産レベルの投資家がおり市場が安定しないと言う事は重大なリスクをはらんでいると言うことを今一度認識する必要があると思いました。

それこそこのようなリスクを除外するためには銀行が日本国内で飲み流通を許すような仮想通貨を要する方の方がリスクが少なくまたオリンピックと言うイベントを控え利便性の高い決済手段を利用できるメリットがあるということも感じました。 

XRPは40.0jpyを目指す

引き続きXRPが上昇していますね。

GW中に為替が円安に進み、フランスの大統領選挙が安定な結果となりました。

また日本の株式に関しては上述に加えて、アメリカ大統領選挙前に大量に空売りされた株が、トランプ大統領就任後半年近くとなり多くのファンドが買い戻す方向へ向かっています。それに伴い本日の日本株は株価を大きく戻しました。

こんな中で、北朝鮮に対する不安と中東、ロシア不安によりXRPは多く買われているようです。

本日については日本時間の午前11時から一気にXRPは買われ躍進しました。明日以降、本日の結果をみた日本人の新規参入者の増加が見込まれると思います。XRPはクレジットカードで購入する場合を除き銀行振込でそれを購入すると業者処理に1日費やされるためです。

一部では、銀行間送金には1XRPは400円という資産も出ているようです。

そこまで到達するには1年程度かかるかもしれませんが、47JPYまでは板が非常に薄いので直近1、2カ月で40XRPは堅いのではないか思います。

XRPは20.0JPYを目指す

今日の午後に10.0JPYより上昇したXRPは引き続き上昇し、20.0JPYを目指しているようです。

10.0JPYで若干ペースダウンしたと思いきや予想に反し3時間程度で11.0JPYを上回って行きました。

 

話は少し変わり、実際の通貨である日本円と米ドルの関係ですが、日本円はずっとドルに対して100.0円程度で推移しています。XRPも実際の単位に合わせるかのように益々上昇するかもしれませんね。

 

また、話は変わりますが日本円の力が米ドルに対して若干ですが強まりそうですね。ASEANの緊急出動通貨になるそうです。80年代にアジアの通貨危機があった際ドル不足になり経済が停滞したこともあり、こういったことを今後回避する方法になると筆者は期待しています。

また、アメリカの日本に対する貿易赤字の声明が出ており、円は今後より強い通貨となるかもしれません。

そうなってくるといつか日本国債がファンドに多量に買われる日が来て、日本経済はより強くなるかもしれませんね。

貿易や製造技術は一朝一夕には改善されない分野なのに声明を出せば貿易赤字を回復できると考える政府は少し違うんではないかと思います。とはいえ日本の製造業は設備投資の余地も残されていることから今後もより成長するのではないかと私は思います。

 

各種仮想通貨のことについて (特にXRP)

本日の正午ぐらいにXRPが10.00JPYをこえました。

この背景には北朝鮮を主とした戦争に対する不安と各国の通貨に対する信用の低下があります。また外国通貨よりも変動が大きく今後の見通しが良いため、多くの日本人がゴールデンウィークを利用して参入してきたと言う背景もあると思われます。

そんな中で取り立ててビットコインとXRPが高騰しています。

ビットコインは立上仮想通貨の主力として現実社会でも決済の利用手段となっています。

XRPは各種銀行間、特に海外通貨への両替や各種仮想通貨柄のブリッジの役割を果たします。

また多くの日本の銀行がリップルをベースとした仮想通貨を市場に提供すると発表しており、さらに海外の中近東の銀行等も同仮想通貨を利用しようと考えているようです。

この背景があり価格が高騰しているようです。

しかし10.0JPYあたりで価格が拮抗しています。この背景として仮想通貨ホルダーがこの価格で大量に売りに出していると言うことが挙げられます。また買い関しては8.0JPYに集中していおり。当面レートが上がらないように思われます。

 

 

以下の内容は私の間違いでした。XRPはこれくらいの厚さを貫くほど需要が多いようです。

 

また何か新しい材料、各国の銀行がこの通貨を利用する等の情報がリリースされない限り上昇は難しいと思われます。

 

 

他の仮想通貨に関しては、別の考えがあると考えます。仮想通貨の技術的背景を十分に知らない方々はビットコインとXRPの成長をベースに他の通貨の伸びを考えていると思われます。

しかし実際に他の通貨に関して言えば目的はこれらの通貨と異なるため、それらの利用範囲の拡大について十分に調べる必要があります。ことLISKについて言えば、これはバーチャルゲームやバーチャルカジノ、カジノでの利用を想定されており今後の市場拡大が予想される通貨の1つです。こういった背景も踏まえて仮想通貨を選んでみてはいかがでしょうか。

プエルトリコ破綻と米株式、日本株式、為替への影響

プエルトリコが破綻申請しているようです。

その額は7.9兆円と言われています。

 

今のところアメリカ株式市場への影響は出ていません。また為替についても同様に影響が出ていません。

このことを踏まえると連休明けの日本株式市場に対しても影響がないと思われます。

 

http://fxmt4auto.com/pue/